姫路ごはんと時々旅行&わんにゃん♪
TSR(チームシュナウザーレスキュー)預かり日記も
ここから(4)
2010年09月03日 (金) | 編集 |
次にねこに出会ったのは、
結婚してダンナのアメリカ赴任についていったとき。

私が橋渡しをした形でシェルターにいたねこを
ダンナの同僚のおうちで飼ってもらうことになった。
アメショー柄の茶トラで名前はメオ(オス)。
タイ語でねこという意味らしい。
meo


まぁこいつがホント、タチが悪かった
合計3回、半年ほど預かったけど
右腕と左頬の2回、本気噛みされたし
気に入らないことがあるとすぐ噛もうとする。
しかも飼い主に去勢をするという知識がなかったので
1度目は我が家にスプレーしまくりで
本気でねこが嫌いになりそうだった。

その次の年は去勢されたメオと仲良く(?)なり、
どんどんねこの魅力にはまっていった。


そんなときに庭にフラッと現れたのが、ガッツ
ふてぶてしくて大きく、でも毛質が良いねこ。
gattu

毎日のようにエサを食べに来ては帰っていったが、飼い猫かどうかも分からない。
が、しばらく留守をしている間に現れなくなった。

アメリカ時代のブログあかんそうな海外生活 猫記事

アメリカにいる間、
月に2回はボランティア団体がやっているアダプション(里親会)を見に行った。
アメリカから日本へペットを連れて帰るには
いろいろな手続きが必要であり、
私たちは英語力がないという理由で諦めざるをえなかった。

そしてやっとお勤めを終えて日本へ。

今は年に1~2回、短期派遣でしか働かないアラフォー主婦。
まずはペット不可の社宅を出て、ペット可住宅へ引越だっ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック