姫路ごはんと時々旅行&わんにゃん♪
TSR(チームシュナウザーレスキュー)預かり日記も
安いキャットフード研究2-①
2010年09月17日 (金) | 編集 |
どんだけヒマやねん企画第2弾

第1弾に引き続き、次回のフード支援のために、
同じお金でたくさん買えるドライフードを楽天市場で検索

3,000円前後編

単価の安いフード№1
まぐろドライミックス...

まぐろドライミックス...

価格:448円(税込、送料別)


★179.20円/kg★
7個(17.5kg)3,136円

2,950円以上送料無料


※かつお味もあり



単価の安いフード№2




★199.20円/kg★
6個(15kg)2,988円

2,950円以上送料無料


※かつお味もあり



単価の安いフード№3



★224.80円/kg★
5個(12.5kg)2,810円
(送料420円込み)

5,250円以上送料無料

※かつお、まぐろ、フィッシュ味もあり



5,250円超え編に続く

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
おひさしぶりです☆
私も、アメリカでネコをアダプトした経験から気づいたのですが、
日本では、犬猫をシェルターから里親として引き取る時は無料なところが多いと聞きます。
アメリカでは、必ずAdapt Feeがかかり、民間の保健所では、生後6ヶ月頃に避妊手術をするよう義務つけられていまいした。
その際にかかる費用は各団体によってちがいますが、Javaの場合は、50ドル引きのクーポンを頂いたり、
GiGiの時は、Adaption Fee100ドルの中に避妊手術も含まれており、半年後に同シェルターが提携している病院で避妊手術をしてくれました。

動物愛護団体は必ず協力してくれる動物病院を数件抱えていますし、治療費やワクチンも、一般よりも20%くらい安いです。

日本も、そういう風に病院側が協力すれば、ワクチン接種や手術をきちんとする人たちも増えると思います。



昨日、病院に貼られているポスターに、

’ふやさないのも愛’と書いてありました。

京都市でもようやく、野良猫たちを無料で避妊手術し、ネコたちと共存できる地域にしていこうと活動しはじめたようです。
(回覧板でポスターがまわってきました^^)

日本全国でこのような活動がはやく広まればいいのにと思います。

あずきさん、話しがとんでしまってすみません><。

私も何かできることがないか調べてみます!!
2010/09/18(土) 14:12:53 | URL | キィちゃん #-[ 編集]
>キィちゃんさん
お久しぶりです。
アメリカで猫を迎えられ、手抜かりなく
日本へ連れて帰られたキィちゃんさん。
ホント、大尊敬です!!

京都市は進んでいますね。
田舎はまだまだで、去勢手術の補助すらでません。
欧米から100年遅れているというのに
今こんなことをしてたらもっと遅れる(>_< )
と気持ちばかりが焦ります。
とにかく教育不足なので、
小学校から命の大切さと避妊去勢の必要性を
授業で教えて欲しいものです。

キィちゃんさん、厚生労働大臣になって(笑)
2010/09/18(土) 22:38:02 | URL | あずき@ねこ豆。 #-[ 編集]
アメリカにも、心ない人たちもたくさんいましたけど、やっぱり国や団体がきちんと命の大切さと向き合って、それに必要な制度をきちんと作ってますよね。

学校の教科書の量を減らしたり(結果、また戻すことになったし)、πを3.14から3にしたりと、そんなとこをまねるんじゃなく、
もっと基本的な大切なことをまねて進めていけばいいのに・・・

と、えらそうなことばっかり言ってますけど、私も、ネコを飼って初めて気づいたことが多いので、JavaやGiGiに感謝してます☆

2010/09/21(火) 13:57:44 | URL | キィちゃん #-[ 編集]
>キィちゃんさん
確かに!
アメリカを中途半端にまねるんじゃなく
本当に良いところ、日本に欠けているところをまねて欲しいですね。
制度が整うまでの期間では
前例があるにもかかわらず、日本は負けそう(-_-メ)
やっぱ、ボランティアや動物愛護について
アメリカはすすんでる!
2010/09/21(火) 14:42:17 | URL | あずき@ねこ豆。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック