姫路ごはんと時々旅行&わんにゃん♪
ここから(1)
2010年08月27日 (金) | 編集 |
子供の頃、例に洩れず「犬が欲しい」といって親を困らせた
幸い、常に近所にノラの犬やネコがいて
おやつをやったり一緒に走って遊んだり
-と人間子供と犬やねこは共生していたように思う。
増えた犬に困り保健所に連絡したりと、大人の事情は色々あっただろうけど・・・

小学校1年生で祖父が亡くなってから、
私は徒歩5分ほどの祖母の家へ毎日泊まりに行くことになった。
途中、石の家と木の家の間に人がギリギリ通れる近道があったが、
街頭がないので夜にそこを通るのはかなり勇気がいった。
けれども、回り道をせず通れたのは、
近くの家で放し飼いにしている2匹の犬・ジョンルナのお陰だった。
特にジョンは必ずついてきてくれた。
薄いベージュとグレー、白が混ざった柔らかい毛質で
耳の先だけ黒くて折れている雑種だった。
もちろん、犬達は祖母の家でもらえるおやつを楽しみについて来たのだろうが、
その頃の私は完全に犬派。
いつか犬を飼いたいとずっと思っていた。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック